医療法人 八甲会
  • 外来のお問い合わせ:潮田クリニック
  • 入所のお問い合わせ:潮田介護医療院

リハビリテーション科

リハビリテーション科について

私たちは、治らない病気でも、その患者さんを総合的に診て、残された機能や良くなる機能にアプローチし、どうすればより良く日常生活を送れるか、介護するご家族の負担を減らすことができるのかを考え日々取り組んでいます。
慢性期・終末期の方が大半ですが、「寝たきりにさせない」、「最後まで食べる楽しみを提供する」というスタンスで活動しています。一人一人の能力に合わせたリハビリテーションをご提供させていただきます。よろしくお願いいたします。

理学療法

病気や怪我など何らかの原因で基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)が不自由になった方に対して、リハビリを行います。装具の調整・褥瘡対策・退院前後訪問指導も行っております。

対象疾患

  • 脳血管障害やパーキンソン病などの中枢神経疾患
  • 変形性関節症や腰痛症などの運動器疾患
  • 呼吸器疾患や循環器疾患などの内部疾患
  • 高齢や手術を起因とした長期臥床により体力が低下した廃用症候群

指導内容

  • 関節可動域を拡大させるストレッチ
  • 筋力増強運動
  • 麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける運動療法
  • 基本動作能力など能力向上を目指す運動

物理療法

腰痛・肩こり・膝の痛み等のある方に対して、温熱や電気等の作用を用いて痛みを緩和し、循環の改善やリラクゼーションの目的で実施する療法を目指します。

  • ホットパック
  • マイクロウェーブ
  • 低周波療法
  • 頸椎・腰痛牽引療法 など

言語聴覚療法

話すことや聞くことなどのコミュニケーションや食べること、飲み込むことでお困りの方に対してリハビリを行います。

対象疾患

  • 脳卒中や事故などで失語症(話す・聞く・読む・書くことが難しくなる障害)となり、コミュニケーションがうまくとれなくなった
  • ろれつが回りにくい・話しにくくなった
  • 声がかすれる・声が小さくなった
  • 食べる時にむせ込む・うまく飲み込めない

指導内容

コミュニケーション機能を改善する訓練

コミュニケーション方法の指導
  • 発生発語器官の運動訓練
  • 嚥下器官の運動訓練、嚥下しやすい姿勢や食事介助の指導、食事形態の提案

【嚥下内視鏡検査(VE)】

鼻から細いカメラを挿入し食品を食べていただき、飲み込みの様子を直視下で観察する検査です。持ち運べるためにベッドサイドでも検査ができ、所要時間は15分程度です。唾液や痰の貯留の有無、食品を飲み込んだ後どれくらい残留しているかなどを評価し、食事形態や食事時の姿勢、嚥下訓練の方法の選択、方針を決定します。

【嚥下造影検査(VF)】

レントゲン下でバリウムの入った食品をたべていただいて、飲み込みの異常がないかを調べる検査です。所要時間は15分程度で、その方に合った食事形態や食べ方、食事の際の姿勢など評価いたします。当院では年間約100件、嚥下造影検査を行っています。外来診療でもVFを行っておりますので、ご希望の方はお気軽にご連絡ください。

© 医療法人 八甲会
ページ
TOP